リユースPoC

業界初、IoT / AIの魅力的なサービスを組み合わせた、「リユースPoC」プロバイダーとして事業を開始

By | 2017-07-10T02:17:57+00:00 7月 5th, 2017|プレスリリース|

株式会社MAGLAB(読み:まぐラボ、本社:高知県高知市帯屋町、代表取締役:武市 真拓、https://maglab.jp)は、業界初のビジネスとして、実施済みのPoC (Proof of Concept,概念実証) を組み合わせて再利用する「リユースPoC」プログラムを提供する「リユースPoCプロバイダー」として事業を開始、2017年7月5日より順次提供します。 これは、世界的にも注目されているIoT/AI技術の投資判断において実施される実証実験の複雑化、高コスト化に対して本番への移行率が上がっておらず、お客様のみならずシステム提案する側にとって無視できない問題になっていることに着目したものです。 MAGLABの「リユースPoC」を利用することで、機器やソフトの選定に時間を要することなく、解決したい課題に対して動作検証と設定済みな環境がお客様に提供され、実験の開始と分析が可能となります。これにより、お客様のリスクが低減、同時にプロジェクトの生産性が向上し、本業へのリソースを集中させることできるようになります。