プレスリリース

MAGLAB、IoT導入におけるセキュリティ対策を組み入れたPoCを提供開始

By | 2017-11-07T10:25:42+00:00 11月 1st, 2017|プレスリリース|

MAGLAB、IoT導入におけるセキュリティ対策を組み入れたPoCを提供開始 ~対応が遅れがちなIoTセキュリティ対策をPoCから標準化~ 株式会社MAGLAB (本社:高知県高知市帯屋町、代表取締役:武市 真拓、以下MAGLAB)は、実施済みのPoC (Proof of Concept 概念実証実験) をプロトタイプ化したモデルを組み合わせる「リユースPoC」において、株式会社ソラコム(以下、ソラコム)が提供する SORACOM Junctionとトレンドマイクロ株式会社(以下、トレンドマイクロ)が提供するセキュリティVNFを組み合わせることにより、IoT利用時のセキュリティ対策を組み入れた「リユースPoC」の提供を2017年11月1日より順次提供を開始します。セキュリティVNFの構築運用はAWS運用の実績が豊富なクラスメソッド株式会社(以下、クラスメソッド)が行います。

業界初のIoT/AIに特化した一括見積サービスを開始

By | 2017-11-07T10:35:30+00:00 10月 23rd, 2017|プレスリリース|

MAGLAB、業界初のIoT/AIに特化した 一括見積サービスを開始 ~複数企業からIoT/AIに関する見積を取得する手間と期間を短縮~ IoT/AI分野で「リユースPoC」を提供する株式会社MAGLAB(本社:高知県高知市帯屋町、代表取締役:武市 真拓 https://maglab.jp、以下「MAGLAB」)は、同じくIoT/AI分野に特化した「IoT/AI一括見積サービス」(βバージョン)の提供を2017年10月23日より開始します。これにより、ユーザー企業はIoT/AI分野における複数企業からの見積をすばやく簡単に取得できるようになります。

エコシステムパートナー制度 “EcoS” の一般受付を開始

By | 2017-10-20T10:35:13+00:00 10月 20th, 2017|プレスリリース|

MAGLAB、エコシステムパートナー制度 EcoS のサイト受付を開始 ~IoT/AIの魅力的なサービスを持った企業同士のパートナーシップを拡大~ 株式会社MAGLAB(本社:高知県高知市帯屋町、代表取締役:武市 真拓 https://maglab.jp )は、IoT/AI分野におけるPoC(Proof of Concept 概念実証)の成功率を上げるためのリユースPoCプログラムを2017年7月に発表した当時から50社以上の先行パートナーと共に今後の日本、そしてのIoTビジネスを加速していく仲間作りを行ってきました。こちらは以前より、関係のあった企業を中心に進めていましたが今回より広いカバーエリアにより課題解決率を向上するため、2017年10月20日より、パートナー参加の申込を公開サイトでも実施することとなりました。

MAGLAB「リユースPoC」にIoTデバイス向け時系列異常検知 ソリューション「Torrentio Flow」を組み合わせ提供

By | 2017-10-20T10:36:20+00:00 10月 10th, 2017|プレスリリース|

MAGLAB「リユースPoC」にIoTデバイス向け時系列異常検知ソリューション「Torrentio Flow」を組み合わせ提供 ~機械学習を用いた通信パケットの分析によるリアルタイム異常検知の活用~ 株式会社MAGLAB(本社:高知県高知市帯屋町、代表:武市 真拓 以下「MAGLAB」)とアクロクエストテクノロジー株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:新免流、以下「アクロクエスト」)は、本日2017年10月10日アクロクエストの得意とする大量のデータから有益な情報を見いだすノウハウを活かした「Torrentio Flow」とPoC連係を行い、PoCの実施時におけるデータ取得と活用を促進していきます。  この協業により、

業界初、IoT / AIの魅力的なサービスを組み合わせた、「リユースPoC」プロバイダーとして事業を開始

By | 2017-07-10T02:17:57+00:00 7月 5th, 2017|プレスリリース|

株式会社MAGLAB(読み:まぐラボ、本社:高知県高知市帯屋町、代表取締役:武市 真拓、https://maglab.jp)は、業界初のビジネスとして、実施済みのPoC (Proof of Concept,概念実証) を組み合わせて再利用する「リユースPoC」プログラムを提供する「リユースPoCプロバイダー」として事業を開始、2017年7月5日より順次提供します。 これは、世界的にも注目されているIoT/AI技術の投資判断において実施される実証実験の複雑化、高コスト化に対して本番への移行率が上がっておらず、お客様のみならずシステム提案する側にとって無視できない問題になっていることに着目したものです。 MAGLABの「リユースPoC」を利用することで、機器やソフトの選定に時間を要することなく、解決したい課題に対して動作検証と設定済みな環境がお客様に提供され、実験の開始と分析が可能となります。これにより、お客様のリスクが低減、同時にプロジェクトの生産性が向上し、本業へのリソースを集中させることできるようになります。